水泳の飛び込みスタートが苦手

今日も暑いっすね、高校生ブロガーのマサキです。いやぁ、連日の猛暑で体が参ってしまいますね。幸いなことに、僕は水泳部です。プールで泳げるということで、部活の練習中は快適です。野球部やバスケ部などは、暑さで大変だと思いますね。熱中症には注意しないといけません。

今日は水泳をやっていて、悩んでいることを書いてみようかと思います。僕は自由形、クロールの選手であることは、以前にも書きました。それで、悩みなのですが、飛び込みスタートが苦手なのです。背泳ぎは入水した状態でスタートしますが、自由形は飛び込みスタートです。バタフライや平泳ぎも自由形と同様です。スタートの飛び込み時に失速してしまい、タイムロスになってしまうのです。入水時あるいは、入水直後に水の抵抗で推進力が失われているようです。これを解決しなければいけません。

競泳で飛び込みの練習法は限られていますし、ポイントやコツも多くないように思えます。飛び込みスタートに必要な筋力が足りていない可能性もあります。泳ぐのと飛び込みは全く別の動作です。もちろん、水泳部顧問の先生や先輩にアドバイスをもらったりして、練習をしているのですが、練習方法といえば、飛び込みを繰り返すくらいで、上達していないような気がします。折り返すときのターンは得意なのですけどね。いまは、スタート上達のためのトレーニング方法を知りたいです。おそらく、陸上トレーニングも効果的なはずです。