水泳スタートとターンの教材

こんにちは、水泳ブロガーのマサキです。今日から水泳ブロガーという肩書きを使っていこうかと思います。ほとんど、ノリと気まぐれです。さて、今回の本題に入りましょうかね。

先日の記事で、競泳の飛び込みスタートが苦手だという話をしたのですが、覚えていますか。インターネットで、飛び込みの練習法を調べていたら、水泳スタート・ターンのためのDVD教材がありました。このDVDが飛び込みの理論から練習方法、練習メニューが学べるのです。教本ではなく、DVDというのがポイントですね。

最近は、バックプレート付きの飛び込み台が増えているのですが、それにも対応しているとのことです。キックスタートは水泳とは異なる脚力も必要なので、効果的なトレーニングメニューが知りたいですね。水泳のスタートに特化している教材って、たぶん珍しいですよね。僕の場合、ストリームラインが悪いので、推進力を失っているのかもしれません。競泳をやっていて、ストリームラインやフォーム、スタートなど矯正や改善するポイントがたくさんあります。あと、スタートの時にフライングぎみだったりするので、それも修正する必要があります。

また、体の柔軟性が足りないのかもしれません。それで、この競泳DVDは、水泳スタート&ターン攻略プログラムという名前で、村上二美也と古賀哲哉という競泳指導者が監修している動画です。村上二美也と古賀哲哉はルネサンスのスイミングクラブに所属しているようです。ルネサンスといえば、僕も子供の頃、ルネサンスのスイミングスクールに通っていたので、親しみがあります。まだ検討している段階ですが、村上二美也の水泳スタート&ターン攻略プログラムを購入して、実践したらブログで成果を報告できると思います。僕には最適な教材かなと思っています。

水泳の飛び込みスタートが苦手

今日も暑いっすね、高校生ブロガーのマサキです。いやぁ、連日の猛暑で体が参ってしまいますね。幸いなことに、僕は水泳部です。プールで泳げるということで、部活の練習中は快適です。野球部やバスケ部などは、暑さで大変だと思いますね。熱中症には注意しないといけません。

今日は水泳をやっていて、悩んでいることを書いてみようかと思います。僕は自由形、クロールの選手であることは、以前にも書きました。それで、悩みなのですが、飛び込みスタートが苦手なのです。背泳ぎは入水した状態でスタートしますが、自由形は飛び込みスタートです。バタフライや平泳ぎも自由形と同様です。スタートの飛び込み時に失速してしまい、タイムロスになってしまうのです。入水時あるいは、入水直後に水の抵抗で推進力が失われているようです。これを解決しなければいけません。

競泳で飛び込みの練習法は限られていますし、ポイントやコツも多くないように思えます。飛び込みスタートに必要な筋力が足りていない可能性もあります。泳ぐのと飛び込みは全く別の動作です。もちろん、水泳部顧問の先生や先輩にアドバイスをもらったりして、練習をしているのですが、練習方法といえば、飛び込みを繰り返すくらいで、上達していないような気がします。折り返すときのターンは得意なのですけどね。いまは、スタート上達のためのトレーニング方法を知りたいです。おそらく、陸上トレーニングも効果的なはずです。

クロールはバタ足しないほうが速い?

こんばんは、高校生ブロガーのマサキです。えーと、今日でブログを更新するのは、2回目ですね。いまは、高校生ブロガーを名乗っていますが、イマイチな感じがするので、換えたいのですが、スイマーブロガーだと語呂が悪いですよね。何かいい案はないか、考えておきます。

それで、今日の本題ですが、クロールのバタ足についてです。先日、ギズモードジャパンの記事で、「一定の速度で泳げる人は、クロールでバタ足しないほうがいい」という記事が出ていました。クロールで、ある程度のスピードで泳げる人は、バタ足をせずに、手でパドリングしたほうがスピードが出るそうです。

これは、筑波大学と東京工業大学の研究チームの研究結果だそうです。キックをしないほうがスピードが出るなんて、衝撃的ですね。まあ、キックのやり方によっては、水の抵抗を生んでしまうので、キックは補助的な役割というのが、クロールの基本なのですが、どうなんでしょうか。

クロールというのは、自由形なので、バタ足をしないで、パドリングだけでも泳法的には問題ありません。今度、プールでの練習の時に、キックありとキックなしのクロールのタイムを比較してみようと思います。どういう結果になるのか、とても興味深いですよね。

競泳で自由形の選手

どうも、高校生ブロガーのマサキです。調子よく高校生ブロガーを名乗っていますが、実はブログを書くのは初めてなのです。このブログのコンテンツとしては、学校生活や部活のことなど、日記的な要素が強くなると思います。部活動は水泳部に所属して、大会での優勝を目指して競泳をがんばっています。水泳部で起こった珍事をブログで綴っていければと思います。

いまは、夏ということで、学校のプールが開放されています。水泳部の練習で使うプールが野外プールなので、真冬はプールでの練習はできないのです。なので、冬は陸上トレーニングがメインになります。幸いなことに、今年は猛暑ということもあって、プールでの練習は気持ちがいいですね。教室での勉強は辛いですけど、そのギャップがすごいです。

競泳の話ですが、僕は自由形の選手です。正直に言えば、バタフライや背泳ぎが苦手なのです。ですので、個人メドレーのタイムは厳しいです。4泳法マスターできてないなんて、スイマーとしては、失格かもしれません。ちなみに、去年の県大会では、泳法違反で失格となってしまいました。笑っちゃいますよね。足の筋を傷めていたので、痛みで足が上手く動かせなかったのです。水をかいた時に痛むので、自然と庇おうとしますからね。

いまは、手首を少し傷めています。クロールのストロークのとき、手で水をかくと手首に少し痛みがあるんですよね。ストロークのときに、上手く水をキャッチできないのは、クロールにおいて致命傷ですね。早く治さないといけません。